• HOMEへ戻る
  • コミュニケーションコラム|コミュニケーション能力向上講座

コミュニケーションコラム|コミュニケーション能力向上講座

野口 敏・梶村 操が不定期でお送りするコミュニケーションに役立つコラムブログ

面接官のコミュニケーション能力向上

正社員登用の面接と言えば、受けるほうの側から見たお話が多いはず。 しかし、面接する方のコミュニケーション能力について語られることは少ないようです。 実は受ける側より、採る側の方が真剣さはより高まるはず。 だって正社員採用とは、企業から見れば年に数百万円の買い物であり、一旦人を雇えばそのコストは翌年以降も続くのですから。 だから面接官のコミュニケーション能力はとても重要なのです。 「だれだ!こんなヤツ採ったのは!?」と後で責められても後の祭り。 一度雇った人は、簡単にはやめてくれません。 それよりも、本来いい人材であったはずなのに、面接が苦手という理由だけで実力を発揮できなかった人がいたのなら、それは面接官の落ち度と言えるはずです。 面接官の役割は落とすことと信じている人も多いでしょうが、実は本人の実力を遺憾なく発揮させてあげることの方がより重要なはず。 受ける人の本来の実力を引き出すためには、面接官の共感力が重要かと思います。 「あなたがうちの会社を受けた動機は?」 「ほー、なるほど。そーですかー」 「営業の経験は?」 「ない!ほんとー!」 こうしていい反応をしてくれる人には誰だって話しやすさを感じ、本来の姿を見せてくれるもの。 リラックスさせて話を引き出して、そこで笑顔で鋭い質問。 「営業ってどんな仕事だと思いますか?」 「経理の仕事で必要なコミュニケーション力ってなんだと思う?...
このブログの続きを見る

コミュニケーション能力がないと言われたら

「お前はコミュニケーション能力がないな」と上司に言われてTALK&トークを訪れる方が時々いらっしゃる。 「どこを直したらいいのでしょうか」と相談をされて、色々とお話をしてみるのですが、ここ!っていうポイントがなかなか見つからない。 よくよくお話を聞いてみると、ひとつの仮説が見つかりました。 よくよく考えてみますと、コミュニケーション能力ってとても漠然とした言葉だ。 上司ならばもっと具体的な問題を指摘してくれてもいいところだろう。 「おまえは説明が下手だ。何を言っているのかわからない」 「話をちゃんと聞いていない」 「おとなしすぎる。もう少し何かしゃべったらどうだ」 こんな感じで何が問題か具体的に教えてくれるはずだ。 しかし「コミュニケーション能力がない」などと漠然とした言い方しかできないのには、何か訳があるのだろう。 私もコミュニケーションの専門家として、興味深いテーマと感じたので、先ほどの方に色々とインタビューを試みた。 そこで感じたのは、「この上司は彼の言い方で何か気を悪くしたのではないのか」ということ。 彼が上司に「コミュニケーション能力がない」と言われる直前の会話を思い出してもらった。すると・・・ 上司「この取引先の担当者の上司に会って説明してみるっていう手はないのかい?」 彼 「それはありえませんね。だって担当の上司って社長になりますから」 という会話があぶりだされて来た...
このブログの続きを見る

ワーキングプアーが生まれるとき

ファミレスでのこと。 まだ小学校低学年とおぼしき少年が、ウエイトレスさんを呼んでいます。 「すみません、注文をお願いします」 そして、 「和風ハンバーグにドリンクバーつけて下さい」としっかり言うではありませんか。 えらいなーと思いながら見ていると、横で母親が笑顔で彼を見てうなづいていました。 「あっぱれ!すばらしいコミュニケーション能力!」 実はこれ、子供に仕事力をつけさせる重要な躾なのです。 知らない人に働きかける力。 自分の意思を丁寧に伝える力。 相手を慮る力。 これが仕事の原点となることを多くの親御さんが知りません。 大学4年生になってからではもう遅いのです。 これができると人から信頼されるし、人間関係が豊かになっていく。 上司は安心して使えるし、お客さんからは愛される。 それが仕事の始まりであり、やがて仕事の中核となるのです。 小さいうちから英会話に進学塾にと子供の教育に熱心な親は多い。 でも本当に稼ぐ力はコミュニケーション能力の育成にあることを知る親は少ない。 少し離れた席にも母親と幼い子供の姿が。 こちらは母親が携帯に夢中で、子はソファーに寝そべっている。 おそらく家でも「ジュース」「ご飯」「いらない」「無理」なんていう単語会話のやり取りしかしていないのでしょう。 この状況がずっと続けば、例えいい学歴がついたとしてもこの子には仕事力は宿りません。 働く力がなければ、誰で...
このブログの続きを見る

素晴らしいアイデアを引き出すコミュニケーション②

前回は「おしゃべりが素晴らしいアイデアを引き出す」という、優れたコミュニケーション能力のお話をしました。 思考は頭の中を高速で駆け巡っていて、人はあまりのスピードの速さに自分で考えていることに気づけません。 でも考えを言葉にすることによって、 そのスピードが落ちてハタと素晴らしいアイデアに出会えるのです。 この時、相手の役目は重要です。 何と言っても独り言では人は自分の考えに巡り合えないのですから。 相手が「へー!」とか「いいねー」「どんどんしゃべってみて」などと肯定的な相づちを打ってくれますと、話し手はどんどん調子が出て来て、閃きが次々に訪れます。 私も本を書く時に調子が出ないと、部下の梶村さんや山田さんを相手にいろんなことをしゃべります。 一人で考えている時は3時間で数行しか書けなかった原稿が、彼女たちを相手におしゃべりをすると、なんと!30分で5ページ分ぐらいが書けちゃう。 本当にアイデアがあふれ出す感じになります。 人並み優れたコミュニケーション能力の持ち主がそばにいますと、とても助かります。 でも上手な聞き手は少ないもの。 少しでもそのアイデアに欠点があると、人はダメ出しをしたくなります。 「それって予算のことを無視しているよね」 「それができる人はどこで探すの?」 「それを実現できた人はまだいないでしょ」 そんな否定的な反応に出会うと、アイデアの泉は枯れ果てて...
このブログの続きを見る

素晴らしいアイデアを引き出すコミュニケーションの力

売上を伸ばす方法を考える時。 問題点を解決する方法を考える時。 あなたは黙って思考を探るタイプか、それともしゃべりながらアイデアをひねりだすタイプか? 実は一人黙って考えに沈むより、誰かとあれやこれやとおしゃべりしながら考えを言葉にする方が、はるかに早く、具体的な閃きを引き出せるのです。 あなたも誰かとしゃべっている内に、「あっ!そうだ!そうすればいいんだ!」と閃いた経験があるはず。 あれが自分の考えに気がついた瞬間だったのです。 コミュニケーション能力は、アイデアさえも引きだす力を持つということですね。 不思議なことに独り言では閃きが起こらないこと。 私たちは自分の考えを言葉にして相手に送りだし、相手がそれを「いいね!」とか「なるほど」と反応してくれたものを再度受け取ることで初めて自分の考えに気がつくのだそうです。 人は一人では生きて行けず、いい発想も得られないということなのでしょうか。 私も本を書く時や、新しい講座のテキストを作る時は、必ず梶村さんや山田さんとおしゃべりをしてもらいます。 「ああでもない」「こうでもない」と言っている内に「あ!」っと閃くのです。 この時は、コミュニケーション能力に優れた人がそばにいることに心から感謝します。 一人で3時間考えても数行しか書けなかったものが、彼女たちとおしゃべりすると30分で5ページ分が作れたりするからびっくり。 あなたも取り組みた...
このブログの続きを見る

自分が正しいと思う時、人は話をなぜ聞けなくなるのか?ああコミュニケーション能力ってむずかしい

私には尊敬する先輩がおりました。 私がきものの会社に22歳で入店した時に、お店にいた一つ年上の先輩。 彼は圧倒的な販売力を持つスーパースターでした。 私はとても敵わないと思ったものです。 今から十年ほど前のこと。 私も彼もそのきもの屋を離れて20年が過ぎようとしていました。 彼はもともと呉服屋の息子で、郷里できもの屋を継いでおりました。 きもの業界は斜陽産業で、彼のお店も売上は最盛期の半分以下となっていたのです。 私は自分の教室がホームページの力で集客力が増していくのを感じていたので、彼に電話でこう言いました。 「〇〇さんのお店もホームページを作って宣伝したらお客さんも増えますよ」 すると彼はこう言いました。 「うちは心と心でつながる販売をしているから、いらないよ」 ホームページできものを直接販売すると彼は信じ込んでいたようです。 往年のスーパースターもめまぐるしく変化するビジネス環境から離れてしまい、感覚がついていかなくなっていたのでしょう。 私は「ホームページはお客さんとお店をつなげる存在。ホームページで知り合ったお客さんに心と心でつながる販売をしたらいいんですよ」と言いかけましたが、やめました。 彼の気持ちがとても頑ななように感じたからです。 人の話は聞かなくてはならない。 コミュニケーション能力のお話でよく耳にする言葉です。 でもそれが自分の常識、価値、信条とかけ離れたもの...
このブログの続きを見る

日本の営業さんのコミュニケーション能力がどんどんおかしくなってます

営業マンの力量がどんどん落ちている。 それはすさまじい勢いでとことん落ちているのです。 いつもパソコンを購入している複合機器メーカーの営業担当(女性)に、「XPも使えなくなるからそろそろ会社のパソコン全部買い換える予定」と伝えました。 そんなことを言われたら、どんな営業だって喜び勇んで会社に来てくれると思うでしょ。 ところが来ないんだ。 ある朝、会社のポストにパンフレットが放りこまれてました。これ見て注文せいということか。 「買うから来てくれ」と強く電話したら、ようやく来てくれました。 売りたくないのかな。 また別の会社に、オフィス家具を買い替えたいから見積もりを出して、と連絡。 以前お願いした時には、とっても熱心な女性営業さんが一生懸命什器を選んでくれたので、またこの会社にお願いをしてみたのです。 するとメールで、什器の見積もりと写真が送られて来たのですが・・・ 扉、中に入れる棚、側面の写真・・・って全体像はないの? この写真で買うかどうか決めるの! まさかー。 その後もずっとメールで連絡してくる。この担当者(男性)はうちに来ないし、電話もない。 しかも見積もりはずいぶん高い感じ。 「もっと安くなるはず」と値下げの交渉をして、別の会社からも見積もりを取ると言うと、 なんといっきに30万円も値引きして来た。 信用でけんでしょ、これ。 もうひとつ見積もりをお願いした会社は、すぐに社長...
このブログの続きを見る

コミュニケーション能力がなければ仕事がなくなる日がやって来る

アマゾンの書籍配送システムに大きな変化がやって来るようです。 これまで書籍の注文が来ると、全て人間が探し配送の手配を行っていたのだそうですが、それが機械化されるとのこと。 その分の人手はもういらなくなるということです。 さらに数年後には自動運転の車が発売されるというニュースも流れました。 これによってどんな社会的な変化が起こるのか。 おそらく真っ先に機械化されるのはバスの運転でしょう。次にタクシー。やがてコンビニへの集配も自動運転の車が行う。(積荷の上げ下ろしはコンビニの人がやるのでしょうか) タクシーなどは無人化の方が客は喜ぶかもしれません。 1メーターでも嫌な顔はしませんし、望まない会話もなくなりますから。 機械化の波は人間からどんどん仕事を奪っていくのです。 人がする仕事は人しかできないものに限定されて行くでしょう。 それはコミュニケーション。 説明する、ともに考える、気分よくなってもらう、怒っている相手をなだめる・・・。 この分野はおそらくまだまだ機械の力は及ばないはずです。 たとえば営業。 これはいくらメールが定期的に送られて来ても、人は購入意欲をなかなか持たないもの。 やはり営業の人から「これはいいですよー」って言ってもらって初めて買う気持ちが生まれます。 看護師さんや介護士さんも機械では患者や利用者は落ち着かないはず。 温かい手で触れてくれて「大丈夫ですよ」って言って...
このブログの続きを見る

あなたは実は世界平和など望んではいない②

「あなたは実は世界平和など望んではいない」を書きましたら、様々な質問を頂きましたので、ここでもう少しお話をしたいと思います。 お付き合い頂ければ幸いです。 「私は結婚したくて相談所に入っています。でもなかなか結婚できません。行動を起こしたのに望みが叶わないのはなぜ!」 「私は収入を増やしたくて、様々なセミナーに通い、新しいビジネスの勉強をしています。でも収入は増えていません。これは収入を増やす気持ちが足りないからですか?」 「本気ならば行動を起こすはずです」と私が書いたので、当然のご質問かと思います。 結論を言えば、行動を起こしたのに結果がついて来ないのならば、それはまだ本人が心の奥底からそれを決意してはいないからです。 私の実例でお話をいたしましょう。 私はコミュニケーション能力向上講座、TALK&トークを開講以来19年間も貧乏暮らしでした。「早く成功したい」「裕福になりたい」と思い、行動を起こし、努力して来たにもかかわらず。 でも今から思えば、ぜんぜん本気の努力はしていなかったのです。 本気になったのは梶村という社員が出来て、そして取引先が倒産し、会社が絶対絶命のピンチに立たされた時。 私一人なら力も湧かなかったと思うのですが、社員を路頭に迷わせるわけには行かないと決意したのです。 この時私は「絶対に本を出版しよう」と決め、出版に向けての行動を開始しました。 そのプロセスについ...
このブログの続きを見る

あなたは実は世界平和など望んではいない

新年からちょっとショッキングな出だしでコラムを書いてみます。 あなたは世界平和を望んでいますか? おそらくほとんどの人が「もちろん!」と答えるでしょう。 でも、怒らないで下さい。あなたも私も世界平和など実は心の底から願っているわけではないようなのです。 あなたが本気で世界平和を願う人ならば、世界平和につながる何かをすでにしているはず。 例えば、医療や土木や農業などで貧しい国の人々を現地で支えている(こりゃ本気ですね!)、 毎年年収の5%以上を貧しい国の人々のために寄付している、 こんな人が本当に世界平和を願っている人々の姿です。 なかなか難しいことです。 私も寄付なんて収入の1%ぐらいしかしていません。 世界がなかなか平和にならないのも頷けます。 (豊かな国の人々が貧しい国の人々に収入の5%を譲ることができれば、世界の紛争はほとんどなくなると言われています)  人が本気で願うことは必ず行動に移されるのです。 行動になっていないのならば、実は本気でそうは思っていないということ。 で、本題はここから。 本当に収入が増えたらいいと思っている人は、収入を増やす行動をすでに起こしています。 本気で彼女(彼)が欲しいと願っている人ならば、彼女(彼)を作る行動を始めています。 本気で結婚する気がある人も同じ。 口では「金持ちになりたいよー」とか「彼女(彼氏)ほしよー」とか「結婚したいよ...
このブログの続きを見る

ビジネスマンの未来予想図

就活の未来予想図を書いたので、ビジネスマンの未来予想図も書いてみます。 いまビジネスマンに必要な意識と行動とはなんでしょうか。 この時代、今、儲かっている話題の会社も十年先にどうなっているかは誰も予想がつきません。 たとえ企業が生き残っているとしても、あなた自身がそこに居続けることができるかどうかもわからないのです。 さらに言えば、これからは60ー65歳で退職してからも、もう一度再就職先を探さねばならない時代になっているということ。 私が今ビジネスマンに最も必要だと感じるのは、別の会社でも通用するスキルを磨くことだろうと思います。 自分の会社のシステムに限定したスキルしかないのなら、会社や自分の立場に変化が起きて転職を余儀なくされた時に、自分が企業社会で通用する力を持っていないことに大慌てをすることになるでしょう。 まず職場以外の人脈を作ること。 そこで様々な考えやスキルがあることを自分の目と耳で知ることです。 他社の人に 「あなたの会社では、今どんな人材が求められていますか?」 「私に何があれば、あなたの会社で活躍できますか?」 「今、ビジネス社会で強く求められているスキルはなんですか?」 とまずは広く意見を求めることです。 話を聞く力、話を引き出すコミュニケーション能力が問われます。 さらに起業する意欲を持つことをお勧めします。 転職をしても増える給与は年に100万円がいいとこ...
このブログの続きを見る

就活の未来予想図

2013年12月14日(土)、TALK&トーク話し方教室のまん前にドリカムがやって来ました。そしてあの名曲「未来予想図」を歌ってくれたのです。 8000人を超える聴衆はただうっとり。 そこで私も就活の未来予想図をひとつ。 就活で苦しむ学生はほんとうに多い。どうして苦しいのか? それは仕事をするスキルに大きく欠ける人が多いからです。 稼ぐスキルもないのに、社会が間違っているなんてわめいても誰も相手にしてはくれません。 最近まで、誰でも大学を出ると就職できた時代が続きました。 でも景気の低迷、業績ダウン、国際的な競争激化の企業には今や全く余裕なし。 すぐに利益を生んでくれそうな人しか雇えないのは、当然のことかもしれません。 大学で商品化につながりそうな研究をして来た、またはその実力を培って来た。 海外のビジネスマンと渡り合える語学力と交渉力、根性、ひるまぬ人間性を養って来た。 そんな人しか企業は必要としないのは、企業側に立って考えれば当然のことでしょう。 「ジュース・・・」と言えば母親が冷蔵庫からジュースを出す。 父親から「学校どう?」と聞かれたら「ふつう」としか答えない。 二十歳すぎまでぼんやりと成長し、ゲーム三昧、文句三昧で過ごし、大人と会話する経験も積ませず、自分を正しく主張するスキルもなく、違う世界に住む人とコミュニケーションする能力も与えず、他人に気遣いを示す方法も教えず、こ...
このブログの続きを見る

人並外れて稼ぐ人には説明力というコミュニケーション能力がある

仕事ができる人、リーダーになる人、つまりよく稼ぐ人はコミュニケーション能力が高いものです。 その中でも彼らが必ず持っているものが説明力。 反対に「えっと、・・・まず・・・でして・・・」と説明がよくわからない人は、だいたい仕事力もないもの。 なぜ説明がうまい人は仕事力が高くて収入が多いのか。 まず、説明力は「具体的な結論」を見つけ出す力から生まれます。 的確で具体的な結論が見つかると、人はすぐに行動を起こせるのです。 迅速な行動はそのまま経験となり、成果を生み出すのも早くなります。 だから説明力は稼ぐ力につながるのです。 例えば「あなたが仕事力をつけるために身につけたいコミュニケーション能力はなんですか?」と聞かれたとしましょう。 ここで「私は営業なもので・・・若い頃から人前で話すのが苦手で・・・」などとたくさんの言葉を使う人は、もう説明力のない人。 言葉は数が多くなればなるほど意味があいまいになるものです。 何を言っているのかわからなくなる人は、つまり自分がどこに行こうとしているのかを知らずして話す傾向にあります。 説明力のある人は、短い言葉で結論を言い切ります。 小才の利く人ならこんなことぐらいなら言えるでしょう。 「チームをまとめるコミュニケーションの力かな」 「営業成績を上げるコミュニケーションの力です」 いい感じがするかもしれませんが、これも説明上手ではありません。 なぜな...
このブログの続きを見る

就職試験、企業が重視するのは9年連続でコミュニケーション能力

経団連が調査したところによりますと、今年の新卒採用で企業が一番重視するのはコミュニケーション能力という結果が出ました。 これは9年連続とのこと。 http://www.keidanren.or.jp/journal/times/2012/0809_01.html しかしコミュニケーション能力と言われても、その意味する幅は広く、学生にとってはどうしたらいいのか戸惑うところでしょう。 今回は、コミュニケーション能力とは、相手を意識して初めて身につくというお話。 例えばある人事担当者が教えてくれましたが、会社訪問前になると学生から問い合わせの電話がかなり来るらしいのですが、中には電話に出るなり、 「そちらにはどのようにして行けばいいですか?」なんて質問してくる人もいるんだそうな。 挨拶も他の言葉もなく、いきなりこの質問だから、聞かれた方は戸惑うよね。 「あなたは誰?」 「どこから来るの?」 そんな気持ちになるでしょう。 もちろんこの段階で採用不可なのは言うまでもなし。 相手を意識した説明とは、相手がその話をイメージするための材料を言葉で用意するということ。 「私は当日東京駅から参ります」とか「地下鉄かJRを利用します」 という説明が必要になります。 なんだ当たり前じゃん!って思った人。 こんな説明のミスって誰でもついしがちなんですよ。 例えばネットでの広告展開の話を広告会社の担当者と行っ...
このブログの続きを見る

他人に親切にする、ウソをつかない人は年収86万円高い

「ウソをつかない」「他人に親切にする」「ルールを守る」「勉強をする」という4つのしつけを、子供の頃に受けた人は、どれも受けていない人よりも平均年収が86万円高いという調査結果を神戸大経済経営研究所の西村和雄教授らのグループが発表しました。 (9/21読売新聞朝刊) うわー、わたしそんなしつけ受けてないわ!ガクッ、という方もご心配なく。 つまりウソをつかず、他人に親切、ルールを守り、研究熱心な人は年収が高いと受け取っていいんじゃないかな。 他人に対する思いやりや正直さが収入につながっている、ということは多くの人が漠然と感じていたことでしょうが、これが数字で証明されたことになりますね。 つまりコミュニケーション能力の高い人の収入は多い!ということです。 とくに電車や車の運転、公共の場所での振舞いの善し悪しが収入とつながっているというところがいいね! マナーの悪い人って「そんなもん収入なんかと関係あるかい!他人のことなんか考えてられっかい!」ってところがあるから、ぜひ知っておいてほしいところ。 ◆マナーの悪い国も発展はしない? あっ!そうそう、これは個人だけでなく国にも絶対にあてはまることがらのはず。 お隣の国がいずれアメリカをも凌ぐ経済大国になるって調査があるけど、それは今の経済成長が続くっていう前提でしょ。 エゴまるだし、マナー最低のお国が、そんなに発展するわけないっていうのが私の見...
このブログの続きを見る
  •  | 1 | 
  •  
  •  | 2 | 
  •  
  •  | 3 | 
  •  |  | 
コミュニケーション会話術

コミュニケーション能力向上講座

  • コミュニケーション能力を教室で学ぶ(詳しく見る)
  • コミュニケーション能力をDVDで学ぶ(詳しく見る)

コミュニケーション能力のお話

  • なぜコミュニケーション能力が必要なのか(1)
  • なぜコミュニケーション能力が必要なのか(2)
  • ビジネス・仕事に必要なコミュニケーション能力
  • 面接対策に必要なコミュニケーション能力
  • 恋愛に必要なコミュニケーション能力
  • 幸せな家庭を築くコミュニケーション能力

受講生の声