コミュニケーションコラム

野口 敏・梶村 操が不定期でお送りするコミュニケーションに役立つコラムブログ

会社のお荷物 50歳代がダントツTOPの衝撃!

カテゴリ:仕事で役立つコミュニケーション能力

9/23号のアエラに「会社のお荷物50歳代がダントツTOP」の記事が。
私やん・・・54歳やし。
かじむら・・・やまだ・・・たのむよ・・・わるいとこあったら直すし・・・

能力ない、給料高い、仕事しない、努力しない、などと目を疑う言葉がぎっしり。
なんと50代の人も50代が会社のお荷物と思っている確率が高いんだって。こりゃ、ほんまもんの話だ!

おそらく今、お荷物と思われている方はこんな記事を読んでも決して努力はしないでしょうから、数年、十数年先に50代を迎える方のために、「お荷物にならない仕事の流儀」をちょいと考えてみました。

◆ お荷物にならないためのコミュニケーション能力強化法

まず容姿。
五十代と言うと体力の衰えとともに、身体を鍛える気力が萎えてくるころ。
背中が曲がって覇気のない人が職場にいるだけでも、周りに悪影響を与えてしまう。
しっかりとした身体を維持するために、運動やお肌の調整(男も)が必要かと思います。

次に「私はえらいんだ」という思い込みの払拭。
これだけ技術が進歩して行きますと、もう若い人の方が技術力が高くてあたりまえ。
パソコンの技術、コミュニケーションの取り方など、若い人からものを習うことを恥ずかしいという思い込みを捨てること。

話を聞く技術
価値観、考え方、生き方、生活感など、各世代でどんどん違いが出ています。
「今の若い人の考え方はわからんね」などと言っている人は、必ず置いていかれます。
「あなたの一番大事にしたいことはどんなこと?」
「どんな状態が幸せを感じる?」
「夫婦の関係で大事にしたいことは?」
と先入観のないまっさらな心で話を聞き、相手の立場や考え方を尊重する付き合い方を身につけること。

自分をオープンにする
五十年も生きていると、様々な苦労や挫折があったはず。
それを若い人たちは聞きたいと思っているでしょう。
自慢話よりよほど親近感を持って話を聞いてくれるはずです。

◆ しんどい仕事ほど年配者が引き受ける

とにかく、自分から進んでコミュニケーションをとり、対等な立場で話をし、相手を尊重する。
できればしんどい仕事(例えば苦情処理、外部との折衝、会社上層部との交渉etc)ほど年配者が引き受ける。
こんなことを意識して働くと、年下の人も尊敬してくれるのではないでしょうか。

一緒にがんばりましょー、五十代の友よ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コミュニケーション会話術 - ビジネスコース

コミュニケーション能力向上講座

  • コミュニケーション能力を教室で学ぶ(詳しく見る)
  • コミュニケーション能力をDVDで学ぶ(詳しく見る)

コミュニケーション能力のお話

  • なぜコミュニケーション能力が必要なのか(1)
  • なぜコミュニケーション能力が必要なのか(2)
  • ビジネス・仕事に必要なコミュニケーション能力
  • 面接対策に必要なコミュニケーション能力
  • 恋愛に必要なコミュニケーション能力
  • 幸せな家庭を築くコミュニケーション能力

受講生の声