コミュニケーションコラム

野口 敏・梶村 操が不定期でお送りするコミュニケーションに役立つコラムブログ

他人に親切にする、ウソをつかない人は年収86万円高い

カテゴリ:仕事で役立つコミュニケーション能力

「ウソをつかない」「他人に親切にする」「ルールを守る」「勉強をする」という4つのしつけを、子供の頃に受けた人は、どれも受けていない人よりも平均年収が86万円高いという調査結果を神戸大経済経営研究所の西村和雄教授らのグループが発表しました。
(9/21読売新聞朝刊)

うわー、わたしそんなしつけ受けてないわ!ガクッ、という方もご心配なく。
つまりウソをつかず、他人に親切、ルールを守り、研究熱心な人は年収が高いと受け取っていいんじゃないかな。

他人に対する思いやりや正直さが収入につながっている、ということは多くの人が漠然と感じていたことでしょうが、これが数字で証明されたことになりますね。
つまりコミュニケーション能力の高い人の収入は多い!ということです。

とくに電車や車の運転、公共の場所での振舞いの善し悪しが収入とつながっているというところがいいね!

マナーの悪い人って「そんなもん収入なんかと関係あるかい!他人のことなんか考えてられっかい!」ってところがあるから、ぜひ知っておいてほしいところ。

◆マナーの悪い国も発展はしない?

あっ!そうそう、これは個人だけでなく国にも絶対にあてはまることがらのはず。

お隣の国がいずれアメリカをも凌ぐ経済大国になるって調査があるけど、それは今の経済成長が続くっていう前提でしょ。
エゴまるだし、マナー最低のお国が、そんなに発展するわけないっていうのが私の見解です。
どうか当たっておくれ、私のけんかい。

◆コミュニケーション能力の高い人は収入大

話を元に。
調査はしつけを受けたかどうかで終わっているから、それを実行しているかどうかまで広げれば、親切でマナーのいい人とそうでない人の年収差はもっと広がると私は思います。

さらに、
初対面でも、自分の方から話しかけることができる。
相手の言うことが自分の利益や心情と違うと思っても、辛抱強く話が聞ける。
相手の立場に立って相手が分かるように説明する力がある。

これに全て〇の人の年収なども調べてみたら、驚くべき数字が出るかも。
コミュニケーション能力は経済力に直結していることを、持っている人ほど当然のように知っているのです。
そしてそれは大人になってからでも身につく能力なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コミュニケーション会話術

コミュニケーション能力向上講座

  • コミュニケーション能力を教室で学ぶ(詳しく見る)
  • コミュニケーション能力をDVDで学ぶ(詳しく見る)

コミュニケーション能力のお話

  • なぜコミュニケーション能力が必要なのか(1)
  • なぜコミュニケーション能力が必要なのか(2)
  • ビジネス・仕事に必要なコミュニケーション能力
  • 面接対策に必要なコミュニケーション能力
  • 恋愛に必要なコミュニケーション能力
  • 幸せな家庭を築くコミュニケーション能力

受講生の声